卒業生と語る。

この「卒業生と語る。」 では、明治学園を卒業した後、様々なフィールドで活躍中の卒業生の声をお届けします。 第3回では、明治学園で小学校から高校までの12年間の学園生活を送り、現在はそれぞれのフィールドで活躍している村上 正晃さん、赤迫 清香さん、村上 恭子さんと小学校2年生当時3人のクラス担任をしていた倉光教頭との対談の様子をご紹介します。

卒業生と語る。 vol.2

赤迫 清香さん

明治学園高等学校卒業 2000年 卒業
赤迫(旧姓:荒井) 清香|Sayaka Akasako

1994年、明治学園小学校卒業。
2000年、明治学園高等学校卒業。
現在、北九州市戸畑区で歯科医。

明治学園小学校 教頭
倉光 政生|Masao Kuramitsu

1982年、明治学園小学校教諭。
2016年、同校教頭。学級通信「かわらばん」は、担任生活27年間、ほぼ毎日の通算12291号を発行。内容は、学校での出来事、児童の日記、保護者へのQ&A、教科学習等。

明治学園小学校 教頭 倉光 政生
村上 恭子さん

明治学園高等学校卒業 2000年 卒業
村上 恭子|Kyoko Murakami

1994年、明治学園小学校卒業。
2000年、明治学園高等学校卒業。
現在、北九州市門司区でクリニックの心理カウンセラー。

明治学園高等学校卒業 2000年 卒業
村上 正晃|Masaaki Murakami

1994年、明治学園小学校卒業。
2000年、明治学園高等学校卒業。
現在、北九州市八幡西区で会社員。

村上 正晃さん

第3回 - 倉光教頭と卒業生の対談 …明治学園小学校 図書室にて…

20年以上経っても色褪せない想い出

荒井: 先生はお昼ご飯の時に、本を読んでくださっていました。エルマーの冒険をよく読んでもらっていました。

倉光: その時の本があるよ。ちょっと本を取ってくるね。(3冊の本を紹介する。)内容は覚えていないよね?

荒井: うっすらとは覚えてるかなぁ…先生が先に食事を済ませて読んでくれていたの?

倉光: そうだよ。もう28年前の話。みんなが7歳の時に、私が35歳で今の君たちの年齢ですね。

荒井: 恭ちゃんが歌係だったよね。歌を歌わないとご飯を食べさせてもらえなかったんですよ。

倉光: そんなひどいことをしてましたか。(昔のクラスの歌を見ながら)クラスの歌の歌詞はみんなで選んで作ったね。

荒井: ♪ごはんだ、ごはんだ、さあ食べよう・・・♪(※)
今でも頭の中に流れる(笑)。
※ご飯を食べるときに歌っていた「線路は続くよどこまでも」の替え歌

倉光: クラスの歌は1学期に歌詞を集めて、夏休みに私が曲と歌詞を作り上げていたんだよ。
小学校のときの友達の思い出はある?

明治学園小学校 倉光教頭
小学校の学級通信「かわらばん」を見る卒業生3人と倉光教頭
思い出を語る卒業生3人と倉光教頭
荒井さんと村上恭子さん
倉光教頭と村上正晃さん

荒井: スカートめくりをしている男子がいました(笑)。

村上正晃: ぼくは大事件をおこしました。いぼガエルをいっぱい持ってきて、それが女子トイレに入ってしまったんです。その時は、先生たちに助けてもらいました。

荒井: 私は水槽を割りました。スクリーンをおろす棒で、水槽をつんつんしていたらそのまま割ってしまいました。そのときは5・6年生が助けてくれたんです。先生には怒られなかったけど、親に怒られました。

倉光: 雪合戦をしたとき、周りの子に雪を食べさせていたよね。園田君にも雪を食べさせてやるといって、みんなで馬乗りになって遊んでいたら、園田君の骨が外れて大変なことになったことがあったね。みんなやんちゃだったけど、それぞれ立派な大人になってほっとしています(笑)。

荒井: 雪が降ったときは、授業がなくなって遊んでいましたよね。今はできるの?

倉光: 担任判断でしています。みんなが入学してくるちょっと前に、明治学園小学校には野村先生という先生たちを指導してくれる先生がいて、「雪の日に教室で授業をしていてはいけません。こんな時は、子どもと一緒に外に出て雪合戦をして遊びましょう。」と教えてくださった。 あのころは、雪が良く積もっていたからね。今は暖かいから雪もなかなか積もらないよね。
遠足とかの思い出はある?関門トンネルを通って下関に行ったよね。

荒井: 金毘羅公園に行ったのを覚えています。

倉光: 歓迎遠足で行ったんだよね。

荒井: 6年生で平尾台に行きました。中高では皿倉山に登りました。 20キロコースと30キロコースがあった。途中でリタイアしたことがありました。

倉光: リタイアしたらその後どうするの?

荒井: 待っていたら、バスが迎えに来てくれました。でも、完歩賞とタオルはもらえました。

村上恭子: そのタオル、最近使い始めた。

村上正晃: おれも。

荒井: あれで精神が鍛えられていました。

村上恭子: 精神を鍛えるといえば、高校では練成会もあったよね。正座をしていました。今は椅子に座ってやっているって聞きました。

荒井: 肩を木でたたいてもらう人もいたね。そういえば、今も宗教室ってあるんですか?

荒井さんと村上恭子さん
小学校の学級通信「かわらばん」を持ち、記念撮影をする卒業生3人と倉光教頭

倉光: うん。昔はカーペットだったけど、いまは板張りになっているよ。

荒井: 集会室もあるんですか?うちの看護師さんが検診の時に行って、カーペットじゃないって言っていました。

村上正晃: あの部屋のにおいが好きだったな。

荒井: においの記憶ってあるよね。

倉光: 音楽室もカーペットじゃなくて、床になったんだよ。

荒井: 確か音楽室の前に下駄箱があった。

倉光: 今はどの教室もカーペットで靴を脱ぐ部屋はなくなったんだよ。外観は全然変わらないけど、学校の中は昔とずいぶん変わったね。
さて…、思い出話は尽きないけど、そろそろ時間ですね。今日はありがとうございました。また、遊びに来てください。

卒業生との対談一覧

  1. 第1回 芥川賞作家 平野啓一郎氏 講演
  2. 第2回 倉光教頭と緒方 慶彦さん(卒業生)の対談
  3. 第3回 倉光教頭と卒業生の対談