明治学園中学高等学校 SGH校としての取り組み

スーパーグローバルハイスクール(SGH)活動報告

課題研究 2018/06/02

【ものづくり】医療・介護×ロボティクス・メカトロニクスアイデアソンin ROBOMECH2018

6月2日、北九州市の西日本総合展示場で行われた、医療・介護×ロボティクス・メカトロニクスアイデアソンin ROBOMECH2018に、「ものづくり」受講者8名が参加しました。他校の生徒や学生と班を組み、将来必要となる医療介護を助けるロボットのアイデアを出し合い、実現の可能性や生じうる課題を挙げ、ポスターにまとめ発表しました。本校の生徒を含む5つの班で、最優秀賞、審査員賞などを受賞しました。

On June 2nd, 8 students, members of mono-tsukuri, participated in the conference ‘Medical Treatment and Nursing Care × Robotics and Mechatronics-ideathon’ in ROBOMECH2018’ held in Nishi-Nihon Sogo-Tenjijo in Kitakyushu. They submitted the ideas of robots that will be needed to assist medical treatment and nursing care in the future, and discussed issues which may become a reality or are going to happen, and also presented using posters and joining other high school students and university students. As a result, 5 teams involving our school’s students got prizes including one for excellence and Judge’s Prize.

明治学園中学高等学校 SGH活動報告 【ものづくり】医療・介護×ロボティクス・メカトロニクスアイデアソンin ROBOMECH2018

▲議論に使った紙をまとめてポスターに

明治学園中学高等学校 SGH活動報告 【ものづくり】医療・介護×ロボティクス・メカトロニクスアイデアソンin ROBOMECH2018

▲発表の様子1

明治学園中学高等学校 SGH活動報告 【ものづくり】医療・介護×ロボティクス・メカトロニクスアイデアソンin ROBOMECH2018 

▲発表の様子2

明治学園中学高等学校 SGH活動報告 【ものづくり】医療・介護×ロボティクス・メカトロニクスアイデアソンin ROBOMECH2018 

▲集合写真

明治学園 中学高等学校 SGHとしての取り組み 明治学園 のグローバル人材育成