明治学園中学高等学校 SGH校としての取り組み

スーパーグローバルハイスクール(SGH)活動報告

その他 2016/11/25、11/26

「世界津波の日」高校生サミットin 黒潮

11月25・26日にかけて、全国から選ばれた約30校の高校と海外から約30ヶ国の高校が参加した高校生サミットin黒潮に明治学園高等学校の代表者2名が参加しました。

黒潮町は南海トラフ地震による国の被害想定において高さ34メートルという国内一の津波が来ると予想された高知県南西部の町です。防災分野で活躍する将来のリーダーを育成することを目的とし、分科会やフィールドワークなどがほぼ全て英語で行われました。その中で代表者2名は研究内容を発表するとともに海外の高校生と討論も行いました。

安倍首相や藩基文国連事務総長のビデオレター等もあり、このサミットへの期待の大きさがうかがえました。

From November 25th to 26th, 2 representatives of Meiji Gakuen Senior High School took part in the High School Student Summit on “World Tsunami Awareness Day” in Kuroshio Town. About 30 selected senior high schools in Japan and 30 foreign senior high schools participated.
Kuroshio Town is located in the south-west region of Kochi prefecture and in the event of a Nankai Earthquake, the predicted maximum height for a tsunami in this town is 34.4 meters, which is the highest in Japan. The aim of the summit was to train future leaders, who will play important roles in the area of natural disaster preparedness and prevention. English was the main language used at the summit. The 2 representatives made a presentation about their research and had a discussion with the foreign students.
Mr. Abe, the prime minister of Japan, and Ban Ki-moon, Secretary‐General of the UN, sent video letters to this summit, which made participants feel that they believed the summit was important.

明治学園中学高等学校 SGH活動報告 「世界津波の日」高校生サミットin 黒潮

▲武田良太衆議員議員(卒業生)と共に

明治学園 中学高等学校 SGHとしての取り組み 明治学園 のグローバル人材育成