明治学園中学高等学校 SGH校としての取り組み

スーパーグローバルハイスクール(SGH)事業とは

課題研究 2016年1月29日、2月12日・13日

【環境マネージメント】研究成果の発表

課題研究「環境マネージメント」に取り組む生徒たちは、1月、2月に大きな発表のチャンスに恵まれました。

一つは1月29日(金)に福岡市で行われた大気環境学会九州支部第16回研究発表会です。この学会で高校生が発表するのは初めてということで生徒は大変緊張していましたが、1年間の緻密な研究成果を堂々と発表し、参加した大学や研究機関関係者から高校生の研究レベルをはるかに超えた優秀な研究内容であるとの高い評価を頂きました。1年間指導してくださった産業医科大学の嵐谷先生からもお褒めのことばを頂きました。

二つ目は2月12日(金)、2月13日(土)に鹿児島市で行われた第1回高校生国際シンポジウムです。本校と同じSGH指定校である鹿児島県立甲南高校が主催する全国大会で、それに参加してみてその運営の素晴らしさに感心するとともに、課題研究に取組む高校生の無限の可能性を感じ、それを支えるグローバルな体制つくりの必要性を実感しました。また、シンポジウムは進行も発表もほとんど英語で行われ、英語を使うことが当たり前という感覚を身に着ける大切さも感じました。

明治学園中学高等学校 SGH活動報告 産業医科大学での実習 写真

▲産業医科大学での実習

明治学園中学高等学校 SGH活動報告 大気環境学会九州支部第16回研究発表会(H28.1.29) 写真

▲大気環境学会九州支部第16回研究発表会(H28.1.29)

明治学園中学高等学校 SGH活動報告 第1回高校生国際シンポジウム 写真

▲第1回高校生国際シンポジウム(H28.2.12、13)

明治学園中学高等学校 SGH活動報告 第1回高校生国際シンポジウム 写真
明治学園 中学高等学校 SGHとしての取り組み 明治学園 のグローバル人材育成