明治学園中学高等学校 SGH校としての取り組み

スーパーグローバルハイスクール(SGH)事業とは

SGH(スーパーグローバルハイスクール)の指定について

文部科学省は、2014年度(平成26年度)から、社会の諸問題に対する関心と教養、コミュニケーション力、問題解決力を持った人材を育成するためにスーパーグローバルハイスクール(SGH)事業を開始しました。
明治学園中学高等学校は2015年度(平成27年度)から5年間、グローバル・リーダー育成のためのカリキュラムの開発と実践を行う学校としてSGHの指定を受けました。

スーパーグローバルハイスクール(SGH) ロゴ

平成27年度スーパーグローバルハイスクールの指定についてSGH公式ホームページはこちら

明治学園のスーパーグローバルハイスクール(SGH)構想

「社会の変革に寄与するグローバル・リーダーの育成カリキュラム」

明治学園中学高等学校 スーパーグローバルハイスクール(SGH)の概要図

※クリックすると大きな画像を見ることができます。

構想実現のための充実したプログラム

グローバルキャリア教育詳細はこちら

グローバル社会に主体的に関わる動機を与え、様々な国際問題の解決に資する技能を習得させる。

グローバル英語I・II詳細はこちら

国際社会において実用可能となる英語力のベースを育成する。

国際経済詳細はこちら

グローバル経済の現状や課題の学びを通して、受講者が将来グローバル人材となるための素地を育みます。

課題研究詳細はこちら

グローバルな視点で物事を捉え、主体的に課題を見つけ、自らが設定した課題に取り組み、解決していく能力を伸ばす。

明治学園のスーパーグローバルハイスクール(SGH)活動計画

グローバル教育入門講座中学3年生

講演や授業、体験的な学習を通じて、グローバルイシューへの興味関心を高めます。

グローバルキャリア教育高校1年生

様々な方面で国際的な仕事に従事する方々の講演を聞き、グローバル化の進む国際社会に対応していくための資質・能力を育成します。

グローバルキャリア教育 写真

グローバル英語I・II高校1・2年生

様々なグローバルな問題を取り扱い、実践的な英語プレゼンテーション能力や英語コミュニケーション能力を身につけることを目指します。

グローバル英語I・II 写真

国際経済高校2年生

グローバル経済の現状や課題の学びを通して、受講者が将来グローバル人材となるための素地を育みます。英語科と公民科の合教科型授業として実施します。

課題研究高校2(・3)年生

2018年度(平成30年度)は、以下の5つのテーマについて「課題研究」を実施します。

課題研究 写真
課題研究 5つのテーマ
1.海外支援計画の策定
「開発途上国」への支援計画を通してグローバル人材に必要な問題設定能力、問題解決能力を育成します。
このテーマに属する講座
  1. ア.「南方海域」
  2. イ.「ASEAN」
  3. ウ.「グローバル デンティストリー」
  4. エ.「環境マネジメント」
  5. オ.「グローバルイシューとしての外来生物」
2.ソーシャル・ビジネスによる社会変革の可能性についての考察
国際社会が直面する諸課題を検討、分析し、ソーシャルビジネスによる解決策を探究します。
このテーマに属する講座
  1. ア.「ソーシャル・ビジネス」
3.これからのビジネス社会で求められるグローバル人材の育成
グローバル経済の現状や具体的な事例を学ぶことによって、グローバル人材に求められる資質を多角的に考察します。
このテーマに属する講座
  1. ア.「グローバル人材の育成」
4.国際海洋研究
資源問題・領土保全問題を含む幅広い国際海洋に関する研究に着手し、全国海洋教育サミットでの発表を目指します。
このテーマに属する講座
  1. ア.「持続可能な水産資源の活用」
  2. イ.「自然災害と防災・減災」
5.ものづくり
「人に優しいロボット」をテーマにものづくりを行うことで、創意工夫する力を身に付けさせると共に、世の中に貢献していこうとする高い志を育みます。
このテーマに属する講座
  1. ア.「ものづくり」

SGH活動報告書

SGH活動報告書

2017年度(平成29年度)のSGH活動報告書(研究開発完了報告書・研究報告書)をPDFでご覧いただけます。

SGH研究報告書・第3年次(PDF:8.31MB)

スーパーグローバルハイスクール(SGH)活動報告